肝臓の働きと肝機能の仕組み

眠る臓器「肝臓」はとても重要な働きがあるのはご存じだと思いますが、では、どのような仕組みがあるのか、と聞かれると即答できませんよね。

 

わかっているようでいて、わかったつもりでいるのが肝臓なのかもしれません。

 

肝臓の働きは大きく分けて3つあります。
その働きは、「代謝」「解毒」「胆汁の分泌」の3つに分類されます。

 

代謝

糖質代謝

肝細胞に血液が流れてくると、そこで様々な化学反応が起こり代謝が行われます。

 

血糖値が上がると、膵臓から分泌されるインスリンを使ってブドウ糖をグリコーゲンに変え、それを貯蔵します。
これにより血糖値が下がります。

 

そして逆に血糖値を低いと、膵臓から分泌されるグルカゴンを使ってグリコーゲンをブドウ糖に変え、それを血液中に放出します。これにより血糖値が上がります。

 

タンパク質代謝

食事で摂取したタンパク質は、小腸でアミノ酸に分解され肝臓に送られます。
肝臓ではそれを様々なタンパク質に合成します。

 

例として、血液の浸透圧に関係するアルブミンや、出血した時に血液を固めるフィブリノーゲンなどがあります。

 

脂質代謝

食事で摂取した脂質は、腸で吸収され肝臓に運ばれリポタンパク質となります。
これが体内の脂肪に運ばれ中性脂肪となります。

 

また、肝臓ではコレステロールも合成されます。
そしてそのコレステロールを使い、胆汁酸を合成しています。

 

解毒

アルコールや有害物質、様々なホルモンを分解して無毒化し排出する解毒の機能もあります。

 

例えば、摂取したタンパク質が分解される際にアンモニアが発生しますが、このアンモニアも肝臓で分解され無毒化されます。

 

また、細菌や異物、古くなった赤血球は、肝臓にあるクッパー細胞という食作用がある細胞により消化されます。

 

胆汁の分泌

肝臓は外分泌腺でもあります。
肝臓の代謝機能で作られる胆汁ですが、これは脂肪の消化に不可欠です。

 

この胆汁を分泌することで、脂肪の消化吸収を助けています。

 

胆汁は胆嚢で一時貯蔵された後、十二指腸に放出されます。
胆汁に含まれる胆汁酸はその後、排泄されることなく腸管で吸収され、また肝臓に送られます。

 

そしてまた胆汁の成分になるなるという循環を繰り返しており、これを腸管循環と呼んでいます。

 

こうして改めて見ると、肝臓って凄いですね!!
いかに私たちにとって大切な臓器であるかがわかっていただけたと思います。

 

そんな大事な臓器「肝臓」を休めていますか?